七草粥は何故食べる? 堺市 ひざや整体  林鍼灸整骨院 | 大阪府堺市北区東雲東町 林鍼灸整骨院

Blog記事一覧 > 堺市の膝痛の整体 > 七草粥は何故食べる? 堺市 ひざや整体  林鍼灸整骨院

七草粥は何故食べる? 堺市 ひざや整体  林鍼灸整骨院

2016.01.07 | Category: 堺市の膝痛の整体

こんにちは。

今日は、七草粥について書いてます。

パソコンだから粥の字が解りますが、

なかなか使わない感じですね??

では七草粥の由来について
ご紹介します!

七草粥とは1月7日の朝に食べるのが
日本の風習となっています。

中国では、本来は1月7日の

人日(じんじつ)

に行われる人日の節句という
行事だそうです!

それが日本にも伝わって来たんですね。

古来中国では、

1月1日 鶏の日

1月2日 狗(犬)の日

1月3日 猪(豚)の日

1月4日 羊の日

1月5日 牛の日

1月6日 馬の日

として、それぞれの日にはその動物を
殺さないようにしていたそうです。

そして、

1月7日 人の日(人日)

として、この日は刑罰は行わないことと
していたそうです。

この日に7種類の野菜を入れた
汁物を食べて無病息災を
祈る風習があったそうです。

その中国の風習が日本にも
伝わったんだそうです。

日本では平安時代に伝わり、
江戸時代からは一般的に定着し
現在もその風習が続いています。

 

七草粥とは名前のごとく7種類の
野菜が入ったお粥です。

七草粥の具材となる野菜、
春の七草である

 

芹(せり)

薺(なずな)

御形(ごぎょう)

繁縷(はこべら)

仏の座(ほとけのざ)

菘(すずな)

蘿蔔(すずしろ)

 

正月の胃腸の疲れをこの日にしっかり

食べて解消しましょう!

胃腸を整えると、肌のツヤもよくなりますよ。

食べましょう!

 

当院へのアクセス

林鍼灸整骨院

所在地〒591-8041 大阪府堺市北区東雲東町3-6-20
電話番号072-254-7867
駐車場2台
予約予約優先制
院長林 正裕