痛みのある膝は温めた方がいいの?膝の治療  林鍼灸整骨院 | 大阪府堺市北区東雲東町 林鍼灸整骨院

Blog記事一覧 > 堺市の整体,堺市の膝痛の整体 > 痛みのある膝は温めた方がいいの?膝の治療  林鍼灸整骨院

痛みのある膝は温めた方がいいの?膝の治療  林鍼灸整骨院

2016.01.18 | Category: 堺市の整体,堺市の膝痛の整体

痛みのある膝は温めた方がいいの?膝の治療 林鍼灸整骨院

 

こんにちは。

一週間の始まりですね!

寒さも厳しいですが、頑張っていきましょう!

 

 

当院は、膝の専門整体を行っているため、

病院で、シップと痛み止めばかり出されて

胃を壊したり、血液検査の数値が上がったり、、、、

また、軟骨が減っているし、動きを良くするため

ヒアルロン酸などの注射をしていた患者さんが

多く来院されています。

また、病院に行くのが抵抗があり、出来るだけお薬なしで

治療をしていきたいという方が数多く来院されます。

 

その中で、多くある質問がこれ、

痛みがあるときは、温めた方がいいの?いいよね?温めないといけないよね?

 

多いです。

病院・テレビ・雑誌などでもそう言う指導が数多くありますよね。

「冷えないように、温めて下さいね!」

 

 

正解ですが、

個人差、症状により違いがあることを覚えおいて下さいね。

 

実は、温めるというのは、体全体を冷えすぎないように、

筋肉・関節・などが硬くなりすぎないように温めてくださいね。

と言うう事です。

体の外部から温める、暖房器具・カイロ・お風呂など、、、。

体の内部から温める運動・食事・体操・日常生活の安定性・睡眠を取るなど

のバランスが大事ですね!

しっかり意識して下さい!

偏りすぎてもダメです。特に外部に偏りすぎると冷え症になり、

あらゆる症状が起ってきます。痛みも増強しやすくなりますよ。

 

また、次の事も大事です。

炎症が起きている場所。 痛みの有る場所、触ってみたら少し熱があるような場所、

左右の関節を見ても痛みが有る方が腫れている感じがある場合は、

当然としてアイシングが必要です。(ハッキリと解る場合のみ)

 

腫れが解りずらく、炎症もよく分からない場合は、

自分の痛みの数値が10段階でどの当たりにあるかで

チェックして下さい。

たとえば、

0が痛み無し  5がガマンできる痛み   10 ガマンできず、ズキズキしている。

とすると、

 

あなたの痛みが、普段は5ぐらいの痛みは我慢できるが、最近、

6,7,8ぐらいになってきたな!と思われる方は

一度、アイシングをして見て下さい。

普段の痛みより、痛みが増す場合はアイシングをしてみて下さい。

普段の痛みより、楽な場合は、動かして見たり、お風呂などで温めて頂いても

大丈夫です。

個人差はありますが、それでも変わらない場合は、医療機関の受診か、

当院へご連絡頂いても結構です。

どうしたら良いのかお答えさせて頂きます。

 

 

いつも最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

当院へのアクセス

林鍼灸整骨院

所在地〒591-8041 大阪府堺市北区東雲東町3-6-20
電話番号072-254-7867
駐車場2台
予約予約優先制
院長林 正裕